「 東証JQS 」一覧

2018年、義務化されるインスペクションで中古住宅の関連銘柄にも急騰の兆し!?

ここ2年間、急激な上昇はなく、高値で安定している中古住宅市場。 需要は依然として堅調なため、住宅ローン環境の良好な状態を背景に今後の動向に注目が集まっています。 2018年から義務化されるインスペクションの導入により、中古住宅市場が大き...

更なる需要の伸びが期待される医療インバウンド関連の大化け候補株が期待大!

訪日外国人観光客は年々増加し、2020年の東京オリンピックを控え、更なるインバウンド需要の伸びが期待されています。 しかし、外国人旅行者の増加に伴い、地域における不慮のケガ・病気などのトラブル事例が増加、又は増加していくことが想定されます。 ...

今後さらなる利用拡大!?仮想通貨関連で将来大化けするかもしれない大穴株!

日本が仮想通貨取引の世界最大シェアを有するようになっています。 2017年、仮想通貨に対する法整備で世界に先行した日本。 大手家電量販店でビットコインでの決済が可能となり、インターネット上では、ビットコインが決済や送金の手段として利用さ...

中国の「一帯一路」構想で商機を狙う急騰間近の大化け候補株が今が買い時か!?

近年、急速な経済発展を続ける新興諸国・地域を中心に、旺盛なインフラ需要が顕在化しています。 中国に続きインドや東南アジアでの急速で膨大なインフラ需要の獲得は大きなビジネスチャンスです。 また、東京五輪(オリンピック・パラリンピック)関連...

いつから?自民党の幼児教育無償化で関連銘柄が青天井相場へ突入か!?

安倍首相(自民党総裁)が衆院選公約に掲げた幼児教育の無償化を5歳児から19年度にスタートと明言。 また、20年度までに32万人分の受け皿整備を目指す待機児童対策についても「消費税引き上げと関わりなく、前倒しで進める」と語った。 この影響...

ノーベル賞候補にあがったペロブスカイト太陽電池関連の期待の大化け候補株!

現在世界中でエネルギー政策の見直しが進んでいます。 太陽光発電の大量導入が世界の潮流となる中、制度の後押しもあり、日本国内でも太陽光発電の普及が進んできました。 そして今、ノーベル賞候補にあがった薄くて軽く低コストが期待される「ペロブス...

2017-2018年の冬は?毎年猛威を振るうインフルエンザにシーズンストックの注目株!

インフルエンザは感染症で季節性があり、毎年日本でも大流行しています。 今年は9月の段階でインフルエンザウィルスへの感染者が確認されており早めの予防や対策がすすめられています。 日本でのインフルエンザの流行時期については冬季で、そんなシ...

キャッシュレス決済の伸張に伴い拡大するフィンテック(FinTech)市場での注目株!

近年、何かと耳にする機会が増えた「フィンテック(FinTech)」(金融とITの融合)。 IT環境の進化やスマートフォン・クラウドサービスの普及が重なり、独自の技術を持つベンチャー企業が数多く参入し、革新的なサービスを始めています。 い...

大手企業も参入の過熱する仮想通貨市場でタイミング狙ってがっつり稼ぐ!

近年、ビットコインをはじめとする仮想通貨の利用者が急増し、2017年10月から仮想通貨取引所が登録制になるなど、その社会的関心が高まっています。 また、ブロックチェーンや暗号通貨が世界で幅広く使われるようになるのは確実で、いまやビットコインだ...