今、仕込んどけ!買いどきの不動産投資関連のIPO銘柄に急騰の予感!?

都心ワンルームマンションに異変が!?

東京オリンピックを待たずしてとうとうマンション価格は下げ始める残念な状況。

そんな状況下でもなんと都心の25㎡未満のワンルームマンションの取引が活発になり、しかも値上がりまで!?

若年層の貧困化と外国人の流入増、そして高齢化に伴う単身世帯の増加で必然的にニーズが!

の要注目!

東京23区内で投資用ワンルームマンション「GENOVIA」シリーズを展開。

家族向けも展開。

女性公務員に顧客基盤。

ワンルームマンション

株価の動き

3月10日に上場来高値を更新したにも関わらず直ぐに売られ、軟調な展開となっておりました。

高値付近でも割安が叫ばれておりましたが、現在は上場来安値付近まで売り込まれ、昨日の分割IRにて反発した格好です。

現在のPER5.6倍、PBRも1.18倍と新興市場のIPO銘柄としてはかなりの割安の部類に入るかと思います。

底値を確認できた事からも一旦の戻しがあるのでは、と注目しております。