まだまだ伸びる中国ネット通販市場に越境プロモーションの割安株が大化け間近!?

経済成長が著しい中国でソーシャルメディア・マーケティングが活発化しています。

世界中で「インフルエンサーマーケティング」が関心を集めているように、中国でもSNSを使ってコミュニケーションしたりするユーザーがすごい勢いで増えているんです。

中国はここ数年、インターネットが急速に普及してきました。

インターネット普及率は全人口13億人の約半分、7億3000万人ぐらいで、その約95%がモバイル利用者だと言われています。

ショッピング機能つきのSNSで商品が瞬く間に売れることも珍しくありません。

こうした市場環境にインターネットを使って中国市場を攻める越境プロモーションのニーズが高まっています。

の要注目!

中国越境プロモーション

SNSとネットインフルエンサーの影響力は、企業のマーケティングやプロモーションの在り方も大きく変え始めました。

自社商品や自社コンテンツをいかにインターネット上のユーザーに見てもらうかは、どこの企業のWeb担当者も常に悩まれていることのはず。

しかも、インターネットユーザーであれば誰でもいい、というわけではありません。

中国でビジネスを手掛ける上で、必要なソーシャルメディア・マーケティングとはどのようなものなのか。

対日消費額は順調に伸びていて、2018年には3兆5000億円という大きな市場になるとの予測から、最適な情報を最適なターゲットに届ける必要があります。

ネット利用の市場調査会社。

企画から集計分析まで一括請負。

中国に拠点。

株価の動き

11月15日、16日に大きな窓を開けて、緩やかに上昇中。

18年のEPSからすれば割安であり、株価は大きな窓を開けた事からも窓を閉めに行く流れになりそうです。

75日線が真上にあり、一目均衡表の雲もあるものの、雲は非常に薄く、突き抜けやすい状況であると見ております。

5日線割れるまでは追ってみても良いでしょうか。