今後さらなる利用拡大!?仮想通貨関連で将来大化けするかもしれない大穴株!

日本が仮想通貨取引の世界最大シェアを有するようになっています。

2017年、仮想通貨に対する法整備で世界に先行した日本。

大手家電量販店でビットコインでの決済が可能となり、インターネット上では、ビットコインが決済や送金の手段として利用され始めていますが、まだそうした実取引での利用は極めて限定的です。

2017年になりようやく世間に知れ渡った仮想通貨ですが、1年足らずの間に10倍に価格が上昇。

まだまだ将来性もあり、リスクも多い市場ですが、多くの分野でその「利用可能性」に注目が集まっています。

の要注目!

ビットコイン

各企業が仮想通貨サービスを拡充する一方、国単位でも仮想通貨がもてはやされています。

ビットコインに関して言えば、円は規模において最大となっており、2位のアメリカを挟んで韓国が3位につけています。

ビットコインは9年という歴史がありますが、実際に日本で注目を集め、世間に知れ渡ったのは2017年になってからです。

日本では、2017年、法制度の整備などの大きな動きが相次ぎました。

これらは一見、規制の強化のようにとらえられるかもしれませんが、実は、顧客が安心して利用できる健全な仮想通貨市場を育成していくための環境整備として、金融庁が進めてきた政策です。

高級絵画や陶磁器などの公開オークションを企画・開催。高額作品市場で最大手。

平成29年7月開催のオークションより仮想通貨(ビットコイン)決済を導入することを決定。

フィスコ<3807.T>グループのフィスコ仮想通貨取引所と仮想通貨に関する実証実験や共同開発、ブロックチェーン技術を使った美術品の登録システムの実証実験や共同開発。

株価の動き

フィスコやカイカ等との提携関係にあり、時価総額は33億円と一つの材料で大きく跳ねる傾向があります。

仮想通貨関連の一部に動きがあり。

同社も物色が入れば、特に早い銘柄でもあり、安い処を買うのは面白そうです。

PER13倍のPBR1.48倍と割高感もそこまで無い処も良いでしょう。