メディアでも多く取り上げられるAI(人工知能)の関連株の大化け候補は?

今、すさまじい勢いで伸びているAI(人工知能)市場と関連ビジネス。

AI(人工知能)の応用領域は非常に広範囲であり、今後、社会の中核技術の1つになることは間違いありません。

膨大かつ高頻度で更新されているビッグデータの解析と深く結びつくディープラーニングやIoTなどの分野とともにいま最も目が離せない分野ではないでしょうか。

の要注目!

AI(人工知能)

昨今、メディアに多く取り上げられている人工知能は、自動運転を可能にしたり、囲碁で人間に勝ったりするほどの急速な進歩を遂げています。

多くの企業がAI(人工知能)を製品やビジネスに活用する中で、特に注目されるのは大量のデータを取り込むことで情報の精度が増し、迅速な意思決定を下すことのできるAI(人工知能)です。

いわゆる「ビッグデータ」の活用と「ディープラーニング」、様々な分野でのデータによる「見える化」が市場規模を急拡大させています。

日本最大級のライフサービスプラットフォーム「SHARING PLACE」を運営しています。

「SHARING PLACE」はこれまでに蓄積されたビッグデータに加え、AI(人工知能)を駆使した高度なシステムによって支えられています。

株価の動き

8月に上場した後には2,000円から2,700円辺りのレンジを動いておりましたが、昨日大きく超えてきました。

上場来高値は3,085円であり、超えてきたら更に面白い動きが期待出来そう。PER51倍も中期計画では2020年に売上高70億円以上の経常利益17億円以上としており、今期の4倍以上となります。

2020年とは言え、この数字は意識され、チャートも青天井となれば買われる動きになってきそうです。なるべく押し目を狙いましょう。