好調持続が期待される電気自動車(EV)関連の大化け候補株に物色人気集中!?

近年、中国をはじめ世界各国で電気自動車(EV)シフトが加速した背景には、世界的な環境意識の高まりから大気汚染や地球温暖化など環境問題への対応が強く求められるようになったことがあります。

EVはこれからますます普及が促進されると期待されていますが、テスラのみならず、グーグル、アップル、アマゾン、あのダイソンまでもEV市場に参入し、自動車業界の勢力図が一変することは間違いないでしょう。

今後はますます自動車関連メーカーの間で大きな動きがあることは間違いありません。

の要注目!

電気自動車(EV)関連

安全対策の自動運転化やEV化が進めば、自動車は一種の電機製品のようにデバイス化する。

自動車産業と電機産業は一つの巨大な産業になるかもしれないのです。

現在、中国のBYD(比亜迪汽車)が世界一のEVメーカーでEVのけん引役は自動車の最大市場の中国です。

自動車革命に備えて世界的なM&Aが起こり始めていますが、今後もこの傾向は続くと予測されています。

自動車用点火コイル大手。

海外との取引を拡大。

冷暖房機用制御器も。

株価の動き

11月14日午前に決算を発表。決算を受けて、乱高下がありながら強い動きをしております。

数か月前から居所を変えておりますが、まだまだ割安という事もあり、5日線を割るまでは攻めれるのではないかと見ています。

通期のEPSが1,000円にもなると計算も出来、そうなるとかなり上を期待出来そうです。