急騰間近のクラウド関連銘柄!?データ量が増加の一途をたどるITインフラに好材料!

近年、ビッグデータやIoT、クラウドコンピューティングといったIT技術の進歩によって利用者の利便性が上がっていく反面、それを支えるITインフラは日々巨大かつ複雑になっています。

データ量の急速な増加とともに、ITインフラに求められる処理能力は高度化を続け、大きな課題となっています。

ここ数年、急速な成長を遂げているAI(人工知能)やディープラーニングなどクラウド&ビッグデータ時代が本格化しつつある今、見逃せない課題に注目したい。

の要注目!

ITインフラ

ビジネス環境の急激な変化、個人でもインターネットの利用者は増え続け、やり取りされる情報も日々増え続けています。

データ量の増大スピードはますます加速しており、データ保護における堅牢性とデータ保存容量における高効率性からしてもこうした状態は一刻も早く解決しなければならない。

さらにデータ量が増えればバックアップの手間と時間も加速度的に増大。

データの急速な増加とともに、データ保存/保管における費用対効果もまた大きな課題となっています。

サーバーホスティング中堅。

安定運用に定評。

決済代行やオンライン野球ゲームに進出しています。

ハードウェア容量を最大3分の1にする画期的な「ランダムネットワークコーディング(RNCDDS)」を発表。

株価の動き

ハードウェア容量を最大3分の1にする技術を発表、相場になった同社でありますが、336円を底値として3,700円とテンバガーを達成しました。

そして一定の調整を経て2,500円近辺では揉み合っており、そろそろ動きを期待したい処です。

昨日は、同社も出展するシリコンバレーで開催されるクラウド・コンピューティング・エクスポに向けて先取りした買いが入った模様です。

日足的にも保ち合いの上抜けの様相を見せており、今後が楽しみな形になって参りました。

雲抜けとなって一気に飛翔して欲しい処です。