訪日インバウンド市場向けマーケティング業務で大化け候補株が青天井相場間近!?

近年の訪日需要の拡大に伴い、訪日外国人をターゲットとしたビジネスチャンスが増えていく中、あらゆる業界で訪日外国人対応の強化が求められています。

「訪日外国人旅行者」といっても、その行動には、国や地域ごとにかなりの違いがあり、外国人旅行者の嗜好を探る上で、こうしたデータはまさに宝の山といえます。

政府は、訪日外国人旅行消費額を2020年には8兆円、2030年には15兆円という目標をすでにかかげていることから、訪日インバウンド市場向けマーケティング業務に注目が集まっています。

の要注目!

訪日外国人の多様なニーズ

年々増え続ける訪日外国人の多様なニーズ。

想像をはるかに上回るペースで増加した訪日外国人観光客の消費実態や嗜好などを把握し、インバウンド需要を取り込もうと多くの事業者がに一層注力するようになっています。

ホテル・レストランを中心としたサービス業界のみならず、既存の商品・サービスの見直しから新しい商品・サービスを提案することはあらゆる業界で鍵となるでしょう。

顧客や従業員満足度向上のためのリサーチや経営コンサルティングを手掛けています。

顧客満足度覆面調査「ミステリーショッピングリサーチ」を基幹サービスとして、従業員満足度調査「サービスチーム力診断」及びコンサルティング・研修などの各種サービスを提供。

株価の動き

10月5日にマザーズ市場に上場した直近IPOですが、PER15.9倍と割高感は無く、青天井相場間近という意味で面白い位置にいます。

癖が悪いために、動きは劣悪なものですが、徐々に下値を切り上げてきている動きは強いと見ております。

あくまでトレンドラインの下の位置での買いをお奨め致します。