ノーベル賞候補にあがったペロブスカイト太陽電池関連の期待の大化け候補株!

現在世界中でエネルギー政策の見直しが進んでいます。

太陽光発電の大量導入が世界の潮流となる中、制度の後押しもあり、日本国内でも太陽光発電の普及が進んできました。

そして今、ノーベル賞候補にあがった薄くて軽く低コストが期待される「ペロブスカイト太陽電池」の関連銘柄に注目が集まっています。

の要注目!

ペロブスカイト太陽電池

太陽電池は、太陽光のエネルギーを電気に変換するものです。

次世代の新規太陽電池材料として期待を寄せられているのが、「ペロブスカイト太陽電池」です。

ペロブスカイトと呼ばれる結晶構造の材料を用いた新しいタイプの太陽電池であり、日本の大学で生まれた成果で,世界中の研究者が実用化を目指し開発競争に参入し、「シリコン系太陽電池」や「化合物系太陽電池」にも匹敵する高い変換効率を達成しています。

安定性など実用化に向けた課題はあるものの、圧倒的に低コストで作製できる可能性を秘めており、従来のシリコン系太陽電池に変わって、太陽電池の新たな市場を切り開こうとしている。

液晶テレビ用光学フィルター等を製造・販売。

超薄型の太陽電池、LED関連にも参入してます。

株価の動き

ノーベル賞候補者として桐蔭横浜大学の宮坂力特任教授を挙げ、「ペロブスカイト型」と呼ぶ薄くて軽い太陽電池を考案した事が評価されたと発表した事を受けて、関連銘柄の同社も物色をされました。

株価は25日線にタッチして再度高値を目指す動きとなっており、再度この動きに乗りたい処です。