トランプ米大統領、北朝鮮の核問題で再び核シェルター関連が急騰か!?

北朝鮮をめぐる東アジア情勢の緊張から国際情勢が不安定化しており核シェルターの需要が高まっているという。

日本ではほとんど普及していない家庭用の核シェルターが、にわかに注目を集めています。

の要注目!

核シェルター

北朝鮮によるミサイル発射が相次ぎ、脅威を現実的に捉える人たちが増えたことが背景に核シェルター建造を手がける企業に対して問い合わせや注文が急増していという。

大規模な電磁波や放射線のシールド施設を販売する技研興業<9764>、放射線を遮断するタングステンシートを生産する日本タングステン<6998>が注目を集めています。

タングステンとモリブデンの加工業。

電極・半導体部品の製造販売。

株価の動き

9月は核シェルター関連としても買われて急騰を致しました。

ですが、3,500円付近でだブルトップを形成し、下落。

再度核シェルター関連の物色があり、反転の兆しを見せています。

北朝鮮問題で注目されたテーマ株になりますが、PBRは0.78倍でPERは15倍の割安銘柄。この位置なら買いやすいと言えるでしょう。