大手企業も参入の過熱する仮想通貨市場でタイミング狙ってがっつり稼ぐ!

近年、ビットコインをはじめとする仮想通貨の利用者が急増し、2017年10月から仮想通貨取引所が登録制になるなど、その社会的関心が高まっています。

また、ブロックチェーンや暗号通貨が世界で幅広く使われるようになるのは確実で、いまやビットコインだけではなく、多くの仮想通貨が存在しています。

仮想通貨市場で今何が起きているのか?

多様化が進む仮想通貨市場の様子と関連銘柄の動向からは目が離せません!

の要注目!

仮想通貨市場

昨今では、ビットコインだけでなく、イーサリアム、ライトコイン、リップル等の他の仮想通貨にも注目が集まり、これらの総称である「仮想通貨」という言葉を一般の消費者が耳にする機会は確実に増えている状況。

コント日本一決定戦「キングオブコント2017」で優勝したお笑いコンビ、かまいたちが「賞金は仮想通貨にぶちこむ」と話題になったほどで、仮想通貨の認知度や興味が湧いてきたりしている人の数は増えてきたように感じます。

今後、仮想通貨ビジネスもますます本格化するとみられています。

サイバーエージェント、仮想通貨取引事業に参入

サイバーエージェントは10月2日、仮想通貨取引事業を行う全額出資の子会社「サイバーエージェントビットコイン」を設立したと発表した。仮想通貨交換業者への登録を進め、取引所の運営を来春にも開始する予定という。

金融情報提供で、M&Aで多角化。

デバイス、システム開発、ネット旅行、広告代理を展開しています。

株価の動き

株価は9月4日に付けた高値を昨日超え、5月高値である431円を目指す動きをしております。

2017年度決算は黒字転換し、EPS27.6円となっており、PER20倍ならば540円近辺が適正とも見れます。

2016年初に見せた550円以上を再度見せる事が出来るか。

現状では割安水準で、その可能性も見えています。