「iPhone X」で関心高まる有機EL関連市場で大化けが期待される急騰候補株!

アップルが発表した「iPhone 8」「iPhone X」。

特に注目が集まっているのが、有機ELパネルが占める新デザインを採用した最上位モデルのiPhone Xだろう。

中国のスマホメーカーも追随するとみられ、ほぼ液晶一択だったスマホ向けパネルの事業環境は大きく変化する。

また、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)など、ウェアラブル機器での新しい用途も市場に登場していることから、有機ELディスプレイメーカーに新たなチャンスがもたらされています。

そんな拡大が見込まれる有機ELパネル市場と関連産業へ関心が集まっています。

の要注目!

有機ELパネル市場

iPhoneの2017年モデルの一部への搭載や、東芝、ソニー、パナソニックといった日本の家電メーカーから次々とテレビが発売されるなどで注目を集める有機EL。

いまや、スマートフォン(スマホ)業界、テレビ業界、ディスプレイ業界の3業界に共通して最大の関心事となっています。

有機ELディスプレイの2大主要メーカーであるSamsung DisplayとLG Displayは、いずれも生産能力を拡大するための大規模な投資を発表している。

ファインケミカル専業。医・農薬中間体が主力。

界面活性剤や電子材料も展開しています。

同社は独自の高度な有機合成技術を持ち、有機ELなど新しい有機材料の開発にも取り組んでいる。

株価の動き

孕み足となってしまって心配な部分もありますが、確り買われてきていると見ております。

PERが83.6倍ながらもPBRは0.47倍と、業績の伸びが付いてくれば株価はかなり割安圏にあると判断出来ます。

押しがあれば余計買い易いでしょう。

5日線付近が一番安全かと思われます。