高度化する4K・8K対応機器のデータ処理用半導体開発で急騰する関連銘柄とは?

東京オリンピックに向けて2018年から本格的に普及が進む4K・8Kの放送で、予想される対応機器の技術の向上やその後の需要増加に関心が高まっています。

なかでもデータ処理用半導体開発はさらなる市場拡大が予想され関連銘柄にも注目が集まることは間違いないでしょう。

の要注目!

データ処理用半導体開発

総務省は2020年の「東京オリンピック(五輪)」開催に向け、4K・8KのBS放送が2018年から順次始まると発表しています。

ファブレス半導体企業。

特定用途向け標準品を開発。

車載機器向け超高速伝送技術などに期待も。

株価の動き

同社は5日、独自の次世代高速情報伝送技術であるV-by-One USに対応した伝送線路を東レ・デュポン株式会社他、複数社と開発している事を発表。

株価は急騰し1,050円の節目は確り抜けました。

今後1,200円位の節目までの上昇はあり得ると見ております。本日押しで入れれば勝率が上がりそうです。