医薬品産業の小規模市場で成長狙うバイオベンチャーの有望銘柄はいまが買い!

世界でも進む高齢化に伴い、医療ニーズの高まりとバイオテクノロジー市場の拡大は今後も続くと想定され、同業界の領域は細分化しています。

医療分野の新テクノロジーの台頭にも注目が集まりつつ、一方で、治療法・治療薬の乏しい疾患領域での医療ニーズに医療現場が求める新薬を提供する世界中のバイオベンチャーへの関心は今後もさらに高まると見られています。

医療業界という巨大市場において再活発化すると予想されるバイオテクノロジーの関連銘柄に注目したい。

の要注目!

バイオテクノロジー

世界のバイオテクノロジー試薬市場は、2017年~2021年のCAGRで、10.13%の成長が見込まれています。

がん、血液、自己免疫疾患の3分野に特化。

他社の新薬候補の製品化もしています。

治療薬の開発が遅れている「空白の治療領域」での新薬開発に挑む企業。

株価の動き

5月11日の取引終了後、入院期間中の短期術後急性疼痛管理を適応とした「SyB P-1501」の国内第3相臨床試験における新規症例登録を一時的に中断すると発表して下げましたが、24日には急騰して戻しており、220円台のネックライン処で推移しております。

ここを確り上抜ける形が出来ればチャートは上。

材料も出てきそうな動きと見ております。