導入の動き加速で注目高まるスマート工場関連の割安銘柄に急騰期待!

IoTの進化と普及を背景にスマート工場(Smart Factory)を導入する企業の増加とインフラ構築のための動きが加速しています。

製造現場での生産性を向上するため、産業用ロボットの導入やIoT化が進められており、スマート工場(Smart Factory)の関連銘柄が大きく買いを集めている。

政府の推進する成長戦略の一環としても期待されるだけに、割安銘柄は今のうちに仕込んでおきたい!

の要注目!

スマート工場(Smart Factory)

世界のスマート工場(Smart Factory)はアジア太平洋地域諸国が最も急速に成長していて、今後2022年には2054億ドル市場にまで拡大すると予測されています。

電線中堅。計装・制御用主力で警報用電線に強みで、光ファイバーケーブルも取り扱います。

ウエアラブル端末の「スマートグラス」やIoTを活用したスマート工場化等アプリケーションを提供する為のパッケージ開発を推進。

株価の動き

同社は4月14日後場に決算を発表。

17年2月期の経常損益(非連結)が5,400万円の黒字(前の期は9,100万円の赤字)にで、18年2月期の同利益は前期比5.6倍の3億円に急拡大する見通しとなったとし、同時に、今期の年間配当は前期比5円増の15円に増配する方針として、急騰しました。

発表から株価は3倍超まで上昇し、若干の調整を経て再度高値を狙う位置に戻って参りました。

上値を抑えられているようには見えますが、高値奪還は時間の問題のようにも見えます。

これだけ上昇し時価総額60億円以下というのも手掛り材料のようです。