期待感が強まる再生医療やiPS細胞の関連銘柄はいま仕込んでおくべき!

高齢者の増加を背景に高まる医療・健康分野への関心と「再生医療」に注目が集まっています。

特にiPS細胞を使った再生医療の研究には国の後押しもあり再生医療の実用化ががさらに加速すると期待されています。

再生医療市場は50年には38兆円との試算もあり、今後大きな市場の拡大が期待され多くの人や企業を引きつけている。

実用化に向けてのスピードが加速化する再生医療の関連銘柄はいまが「買い」と判断した。

の要注目!

再生医療

再生医療の新時代に向けた基盤整備はすでに進んでおり、まずは細胞治療より創薬支援分野が先行するだろうと見られています。

医療機関向け臨床試験支援事業が主力。

医薬品製造・販売からは撤退。子会社IDファーマが製薬大手とiPS細胞作成技術に関するライセンス契約を結びました。

株価の動き

同社が保有するセンダイウイルスベクターを用いてiPS細胞を作製し、そのiPS細胞由来の分化細胞を創薬スクリーニングに使用する事を許諾。

これに伴いIDファーマは契約先から一定額の年間使用料を受け取るとしています。

今後の展開にも同社には注目が集まるでしょう。