拡大する医療需要に爆騰期待の医薬品やバイオ関連の銘柄を買い狙う!

急速に進展する高齢化と新興国の経済成長に伴い、医療関連の需要は急速に拡大することが見込まれる。

世界中で開発されている新薬は、従来の化学合成からできる医薬品ではなく、バイオテクノロジーを活用して製造されるものが中心となっています。

新薬開発は負担が大きく容易ではないためハイリスクだが、承認されればそのニーズともたらされる利益は大きい。

また、他の科学技術領域や関連産業にも波及し、思わぬ株価の刺激材料が飛び出すケースも考えられるのでその動向には注目したい。

の要注目!

バイオテクノロジー

創薬ベンチャー。疼痛疾患に強み。

開発化合物の知的財産導出が収益の柱。

同社が創出した選択的ナトリウムチャネル遮断薬の物質特許の内の一つであるピロロピリジノン誘導体が、欧州で特許査定を受けたと発表。

今回の特許査定により、米国、中国に続き欧州において知的財産権が強化される事となりました。

株価の動き

5月12日には通期連結業績予想の修正を発表しております。

韓国の治験終了が早まり成功の可能性が出てきている。

そして、重要な第三相が進行中。どのタイミングでの公表か分かりませんが、既に3つの内、早いものは試験は終了してたはずとの見解です。

結果次第では大相場の期待大となります。