爆初的に伸びる中国フィンテックの本格展開で急騰期待の注目銘柄!

中国で爆発的に普及する電子マネー「Alipay(支付宝=アリペイ)」をご存知だろうか?

爆買いブームは収束したものの、まだまだ日本を訪れる中国人観光客は増加の見込み。

そんな中国市場向けの越境ECや、訪日中国人向けのインバウンドビジネスに有効的な課金決済サービスは日本での事業展開も本格的に加速している。

ますます急伸している中国フィンテックサービスの関連銘柄から今後も目が離せない!

Alipay(支付宝=アリペイ)とは?

中国国内での普及率が高く、最も認知されている決済手段です

Alipay(アリペイ)とは、アリババグループの「アリペイドットコム」が提供する中国最大規模のオンライン決済サービスです。利用アカウント数は8億を超え、世界最大のEコマース市場を誇る中国のオンライン取引の50%以上をアリペイ決済が占めています。

Alipay(アリペイ)

の要注目!

携帯コンテンツ配信から出発。電子書籍は新端末対応を強化。

多角化推進の最中となります。

株価の動き

マレーシア政府の中でマルチメディア業界を管轄する規制機関であるMalaysian Communications and Multimedia Commissionと、情報通信分野で相互協力を推進する為の協議を正式に開始すると発表した事がキッカケで、一時270円まで上昇。

その取り組みに際し、同社グループでは4月末にマレーシアで開催されるハッカソンイベント「NASA Space Apps Challenge KL 2017 Malaysia」にメインスポンサーとして協賛参加する事になりました。

そして、アリペイ関連としての要素もあり、上髭を確り超え、1月と2月高値を超えてくる動きとなれば大きな相場となりそうです。